【後編】今、私はアルバイトをするべきではない

【前編】では、過去3年と現在のお話をさせていただきました。【後編】は読んでいてあまり気持ちの良いお話ではないと思いますが、自分の思いを正直に書こうと思います。

【後編】腐ったプライドと本当のプライド

アルバイトをするべきではない「理由」

夫婦会議のとき、夫はいつも冷静で、家族のことを一番に考えた上で、言いたいことをひとつずつ言葉に出すタイプです。

「でもね、お金、正直厳しいよね」という夫の言葉。

アルバイトが必要なことはわかっていました。そのときは「アルバイトする」と言ったものの、3日後に夫に伝えたこと、それは「やっぱり考えたんだけど、今このタイミングでアルバイトをするべきではないと思うんだ」

私は理由としてこう続けました。

「講座を受講してまだ数日だけど、今は目先のお金を稼ぐより、その時間を使ってできるだけ学習を進めて、一日でも早くプロになって稼ぐべきだよ。入ってくるお金も違うし。講座を開始しておいてアルバイトを始めるって、勉強する気あるの?って感じだよね。大事なことは一日でも早くプロになって稼ぐこと。アルバイトしている場合じゃないと思う」

さらには、

「せっかく家計から大金を出してもらったのに、そこに集中投下しないって、逆にダメだと思う」

とも言いました。

正しい理由に聞こえますよね。

「今、アルバイトをするべきではない」果たして本当にそうなのでしょうか。

もちろん、「アルバイトなんてしてる場合ではない」と感じるほどの危機感を抱いているのは事実です。

そのときの夫の返事は、「だめ。そんなんじゃだめだよ」

「アルバイトは必要だって二人で話したでしょ。なんでもかんでも自分の思い通りってのはだめだよ」。たぶん色んな意味で全てを見透かしていたのだと思います。

アルバイトを「するべきではない」本当の理由

ここからは汚いプライドの話が出てきます。気分を害される方もいると思います。

私がアルバイトを拒否した理由、そこにはもうひとつ理由がありました。

もちろん、上記の理由も本音です。講座を始めてみて、自分が越えなければならない壁の高さに大きな危機感と言い表せない焦りを感じました。「アルバイトなんてしている場合じゃないんじゃないか……?」そう感じたのは事実です。

ただ、本当はもうひとつ大きな理由がありました。言葉を選ばずに書きます。

総合職で働いてきた私がアルバイトになるなんて、絶対に許せない

10年以上にわたり総合職で働いて、充実した生活を送ってきました。独身のときに何度か転勤して、得たものも失ったものもある中で、一生懸命ステージを上げてきたつもりです。尊敬できる人に囲まれて、自分なりに成長してきたつもりです。月に何度も新幹線に乗り、出張をこなし、年収も、年齢の割に高かったと思います。

もちろん大変な時期もありましたが、キャリア面でも経済面でもしっかりできていると自信が持てる生活を送ってきました。そんな過去があるがゆえに、「高校生でもできるアルバイト」に格下げするのが許せなかったのです。私の中の履歴書に「アルバイト」という文字が刻まれるのが、嫌で嫌でたまらなかったのです。

さらには、本来であれば翻訳業で綺麗なスタートを切っているはずだったこの時期にアルバイトをするのは、自分の失敗を露呈するかのようで、それを事実にしたくなかったのです。事実なのに……。

そこにあったのは、ただただ大きな『腐ったプライド』と『逃げ』ですね。なんと情けない。

腐ったプライドは腐った行動を生む

それでも私はアルバイトを探し始めました。これ以上家計に甘えてはいられませんし、夫と話して決めたことですから。

しかし、マインドが腐っている私の中で、この『腐ったプライド』がどんどん広がっていきました。昔のことを思い出したり、私は何をしているのだろうと考えたり、誰かのことを思い出して嫉妬したり、アルバイトしか道がないことを不妊治療のせいにしてみたり。

色々な感情が渦巻く中、ネットでバイト検索。アルバイトなんて大学生ぶり、もう15年も前かとため息をつきながら、いくつかピックアップ。同じ沿線の「塾講師」を4~5件選び、エントリー。面接を受けることに。塾講師は時給も高く、自分の勉強にもなりますし、アウトプットの練習にもなります。

数校の採用試験を2日ほどで終わらせ、最後の1校から電車に乗って帰宅しているとき、「なんて馬鹿なことをしているのだろう」と思いました。

塾講師の採用試験には面接の他にテストがあり、1校につき2時間程度の学力テストを受けます。英語・国語・数学・社会等、中高生レベルの内容ですが、忘れている部分も多く、意外と難しいです。それに加えて模擬授業をしたところもありました。2~3校まわるとあっという間に一日が終わります。帰りにはぐったり。電車の中で化学のドレミファを読みながら、「こんなことしている場合じゃない」と思いました。

今回の「こんなこと」とは、アルバイトをすること自体を指しているのではなく、数駅離れた塾をアルバイトの場にしようとしていることです。

塾をアルバイトの場にしようとしている理由も、実は私の『腐ったプライド』から来ているものでした。

塾講師を選ぶ理由。建前としては、「時給が高い」「自分も勉強になる」です。しかし本音は、「せめて大卒しかできないアルバイトしたいな」これでした。スーパーや喫茶店で制服を着て「いらっしゃいませ」とやるのが、どうしても嫌だったのです。

アルバイトをしていることを誰かに言うとき、「スーパーで」なんてかっこ悪くて言えないけど、「塾講師」なら言えるよね。心のどこかでこう思っていたのです。

ただ、蓋を開けてみれば高校受験レベルの学習はけっこう難しく、大したスキームもない私は授業前にかなりの予習が必要ということがわかりました。(塾側もアルバイトにはそれを望んでいます)

しかも往復1時間以上かかる……移動時間も勿体ない。いくら時給が高くて、私が望む「スマートな」バイトでも、前後の部分に余計な時間がかかるようでは全く意味がない。そんなことしている時間があるのなら、1時間でも岡野の化学を進めて自分の血と肉につなげていきたい。そんな思いがふつふつと沸いてきました。

しかし、私の『腐ったプライド』はしぶとく、過去の自分を目の前にちらつかせてきます。そこでとった行動が、ブレインダンプです。

結果はブログに書いている通りです。膿を出し切ることで、今やるべきこと、向かう方向が明確になりました。

そして、何のためのアルバイトなのかも。

翌日、密かにブックマークしていたとあるアルバイト先に電話をしました。採用は即決。翌週からそこでアルバイトをすることになりました。

本当に大切なものから並べる

今、自宅から徒歩5分の飲食店でアルバイトをしています。制服を着て、高校生と一緒に「いらっしゃいませ」と接客をしています。時給は塾講師に比べて7掛け以下。しかし往復の時間は10分、予習も要りません。三角巾をするので、ヘアセットも不要。

「アルバイトをするために使う時間」が限りなくゼロに近いので、実質の時給はこちらの方が高くなりますし、自分に割ける時間も増えます。もちろん時間きっちりに退店し、小走りで帰ってそのまま机に向かいます。

ブレインダンプをして、「いい格好」をするのはもうやめにしようと思いました。家族にとって大切なもの、自分にとって大切なものを明確にして、人のせいにせず一歩ずつ進んでいこう。素直にそう思いました。

今アルバイトをしている飲食店には、不妊治療をしていることを事前に伝えました。病院が入らない時間帯に入れてほしいというお願いを快く承諾してくれて、とてもありがたかったです。

メインの学習時間が確保できるように、アルバイト量も週3回程度(1回半日)で調整しています。不定期で病院が入るとしても、学習時間は週に最低55時間(目標60時間)確保できるはずです。これは、「まずは1年で2500時間やるぞ」という目標にもなんとか届く水準です。この水準を下回らないように、まずは量、そして質のアップを図っていきます。

フルタイムでお仕事をされている方からすると、なんて贅沢な環境で、甘っちょろいレベルの話なんだ……と呆れられるかもしれません。私も働いているときは、毎日目が回るほどに忙しく、一番欲しいのが「自分の時間」でした。今の環境に感謝しつつ、それを作ってくれている夫の重荷を少しでも早く減らせるように、今できることをフルパワーで進めていきます。

週3日程度のアルバイトで稼げる金額なんて本当に大したことないけれど、その数万円でも毎月の我が家にとっては大きいです。アルバイト時間を倍に増やせばさらに数万円入ってきますが、それは今やるべきことではありません。そこは夫婦でしっかり話をして、理解してもらっています。

①不妊治療の通院に支障が出ないこと
②講座の学習時間をしっかり確保できること 
これが実現できるバランスで
③家計の不足分をアルバイトで補うこと

今後はこのサイクルで生活をまわすことに定まりました。

もちろん、どのような予定の日でも「無駄な時間ゼロ」を徹底することは言うまでもありません。

2018年は自分のマインドの弱さが原因で遠回りをしてしまい、失敗もしましたが、自分の過去・未来としっかりと向き合った結果、2018年が終わる前に余計なものをそぎ落とすことができました。

これは私にとって、大きな大きな前進です。非常にお恥ずかしい話ですが、講座を始めていなければ、いまだに腐ったプライドを抱えて、出口のない迷路をぐるぐる回っていたと思います。

アルバイトの思わぬ功名

余談ですが、アルバイトを始めて生活にリズムが生まれました。専業主婦の方でもお子さんがいらっしゃればお迎えのときなどは外に出ますし、行事などで人と話すこともあるかと思います。子どもがいない専業主婦の私は、日中はほんっっとうに誰とも会いませんし言葉もかわしません(笑)

中国在住のときも夫婦二人でしたが、毎日大学に通っていたので、たくさんの人と会話をしました。翻訳の仕事を始めるとメールや電話など外と関わることも少しは増えるのだと思います。が、今は勉強中の身とはいえ、これほどまでに外の世界と関わらない生活は初めてです。

その意味で、接客のアルバイトを気分転換の場として活用しています。また、スーパーも同じ方面ですので、買い物の効率もよくなりました。足を動かす接客は、適度な運動にもなります。(自宅ではずっと座りっぱなし……)

贅沢な話ですが、時間の制約がないのもある意味考えものです。「時間の制約が全くない世界」に一度でも足を踏み入れてしまうと、知らぬ間にその沼にはまり、気付かぬうちに慣れてしまっているという恐ろしい事態になります。これまでも一日中家にいて勉強や情報収集をしていましたが、どこかで「時間は無限にある」と勘違いをしていたのでしょう。これは過去のブログにも書きましたね。朝から晩まで時間があったときよりも、アルバイトを始めてからの方が、トータル学習時間が長いのです。そんなもんですよね。

『プライド』は持ってもいいけれど種類を変える

私は総合職だったんだから――この腐ったプライド、それがもたらした愚かな行動。まわりの人や過去と比較することで、誇りはいつしか汚いプライドとなり、自分を苦しめる存在になっていました。自分で勝手に苦しんでいただけですが……。

ちょうどそんなとき、ビデオで管理人さんがおっしゃっていたことをメモしたものが目の前に貼ってあります。(すみません。どのビデオか忘れました)

「今さら何を守るものがあるのか?一旦、『もうできないんだ』と決めて、そこから『ゼロからでもやれるんだ私は!』という思いを持つ。それが本当のプライドだ」

これを聞いた瞬間、心にグサッと刺さるものがありました。思わずビデオを止めて紙に書いたことを今でも憶えています。

帰国してから現在までの間、自分の腐ったプライドで何度も失敗してきました。これからはプライドの種類を変えて、「本当のプライド」を持って前に進んでいきます。

心につかえているものは、もう何もありません。

最初の1カ月は腐った荷物を捨てながらの日々でした。

もうすっかり身軽になったので、2カ月目以降は加速するのみ!量をこなします。

さあ、頑張るぞ!

===================

今回のお話はここまでです。【前編】【後編】と長くなってしまい、あまり読みやすい文章ではなかったと思います。最後までお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

8 件のコメント

  • こんにちは。
    わたしも、週2でアルバイトしています。
    ハウスキーピング、ホテルの清掃です。
    家族内でのバランス、例えば主人や、義母との関係を考えるうえでも、
    何の収入もないのに、学習したいという要望だけを
    通すのは得策ではないと思い続けています。
    なので、ご主人さんとのこと、時間をとりたい自分との
    葛藤する気持ちすごくわかります。

    ただ、アルバイトのお金で、椅子、プリンタ、トラドス、その他
    多くの備品を買うことができたので、必要だったと思います。
    そして、バイトしながら、「くそー、早く稼いで辞めてやるぜ!」
    と、バイト辞めたい衝動を学習にむけるようにしています。
    良い面もみつつ、お互いがんばって行きましょう。

    • nao様

      こんにちは。
      「くそー、早く稼いで辞めてやるぜ!」という気持ち、本当によくわかります。私は、飲食店の制服(いたって普通の制服です)が全然似合っていなくて、鏡を見て「うわっ!もう絶対早く稼いで翻訳一本になってやる!」と誓いました(汗)
      高校生が着ているとかわいく見えるのになーハハハ……。

      私は中国在住の間はずっと無収入でした。naoさんは異国の地でお仕事されて、ご自身の収入で備品も購入されて、素晴らしいと思います。
      時間の使い方や家族とのバランスで悩むときもありますが、大切なのは「今の環境をどう活かすか」ですよね。

      お互い頑張っていきましょう!

  • はじめまして。

    同受講生のmoncanaと言います。

    元駐在妻であり、総合職でバリバリに働いていて、すごいなぁ、自分とは違い世界にいる方なんだなぁ、と勝手に思っていました。

    しかし、「今、私はアルバイトをするべきではない」前編、後編ともに一気に読み、「ああ、やっぱりみんないろんな悩みや葛藤があるんだ」と、すごく共感しています。

    私はアラフィフで、体力的にも時間的にも限界がきていたため、会社を続けていたら特許翻訳者になれないと思い、思い切って12月に退職しました。

    辞めてしまったからこそ、今年中に特許翻訳者として稼げるようにしなければ、家族に申し訳が立たない状態です。

    一生「夢子」で終わりたくないですしね。

    お互い大変なことはたくさんありますが、同じ受講生として頑張っていきましょうね!

    • moncana様

      初めまして。コメントありがとうございます。
      12月で退職されたとのこと、本当に大きなご決断だったと思います。
      「退職する」。書けばたったの4文字ですが、そこに至るまでにはとても長い道のりがあると思います。色々なものを天秤にかけたり、何度も何度も自問自答して日々変わる答えと向き合ったり。決して簡単なことではないと思います。本当に勇気がいることです。

      でも逆に言うと、真剣に考えた先に「それでもやっぱり描きたい人生」があるということですよね。偉そうに言える立場ではないので私がこんなこと言うのも気が引けるのですが……これって、人生と真剣に向き合っている方にしかできないことだと思います。そして、そういった方がこれから先、本当の意味で素敵な毎日をつかんでいくのだと、私は信じています。

      私もそうなっていきたいと、今コメントを書きながら改めて思いました。
      生意気なこと言ってすみません……

      今が踏ん張り時ですよね。お互い頑張りましょうね!

  • 初めまして。
    同講座受講生のrinと申します。

    私もありますよ、「腐ったプライド」。
    私はそこまで華々しい職歴ではないですが、
    大学を卒業してから産休育休を除き、ほぼブランクなしで働いてきたこと、
    転職を2度しましたが、それぞれの職場で成果を出し、評価されてきたことを自負していました。

    そんな私が来月に仕事を退職し、完全に無職になります。

    いつもマンションで朝に夕に井戸端会議しまくっている専業ママ集団を冷ややかな目で見ていましたが、同じ状況になります。
    「勉強のため」とはいえ、同じ「無職」。
    結果を出さない限り、空き時間をお喋りに使っている人達と勉強している私は同じです。

    我が家も、失業保険受給終了までの半年が家計的に限界なので、半年後にはトライアルに受かっていたとしても、稼げるようになるまではアルバイトをしなければなりません。
    自分の貯金ももうすぐ底をつきそうで、生まれて初めて夫に、「●●を買いたいのだけれど」とお願いすることがあると思います。

    そんな時、私の腐ったプライドが間違いを生み出さないよう、
    今のうちからマインドを変えておくべきだと、この記事から教わりました。

    プライドの壁を乗り越えられて、アルバイトをスタートされ、気分転換になっているとのこと。
    素晴らしいじゃないですか。

    ブレインダンプ、同じ方法で私もやってみますね^^

    • rin様

      初めまして。コメントありがとうございます。

      この記事を読まれた方はきっと「コイツやな奴だな~!」と思うだろうなと思いながら書いていたので、「今のうちからマインドを変えておくべきだと、この記事から教わりました。」というコメントをいただき、正直驚きました。
      でも、書いてよかったなと嬉しく思いました。

      来月に退職されるのですね。とても大きなご決断をされたのが伝わります。
      なぜなら、専業ママ集団を「自分とは違う」と思っていらっしゃる方は、「仕事を辞める」という考えからは遠い場所にいる方だからです。私がそうでした。まさか私が「そちら側」に行くとは……そんな葛藤もありました。

      私の経験ですが、精神的に一番きつかったのは失業保険が無くなってからでした。定期的に通帳にお金が入ってくる期間が終わると、「減っていくだけ」という感覚を初めて味わいます。私はそれがきつかったです。rinさんみたいに失業保険の受給を開始する前から危機感を持って学習のスタートを切っておけばよかったのですが、そこは私の一番の失敗です。ぜひ、この期間を有効に使われてください。

      退職前後はやることが非常に多く、バタバタの日々が続くと思います。体調にお気をつけて、健康第一で頑張って下さいね。

  • マイ・シルクロードさん、こんにちは。
    受講生の夏みかんといいます。

    私はどちらかというとプライドが低いタイプです。総合職で働いていた時期もありますが、いろいろな仕事や雇用形態を経験してみたいと思っていました。(もちろんリスクは承知ですが)
    実際結婚後は、派遣社員、専業主婦、正社員、アルバイトなどやって、今は兼業フリーランスになっています。長続きしないのはよくないですが、その分広い視野を得られたとも思います。

    あと、前半の内容ですが、不妊治療大変ですよね。私も人工授精までですが治療をしたことがあります。これは正直関わった人でないとわからないと思います。
    私は幸い授かることができましたが、二度流産をしてしまい精神的に辛かったです。
    不妊治療には助成金があるのでそちらも利用されてはいかがでしょうか?(もう利用されていたら、おせっかいごめんなさい)良い結果が出るといいですね!

    • 夏みかん様

      初めまして。コメントありがとうございます。

      夏みかんさんは色々なご経験をされていらっしゃるのですね。視野を広げるって簡単なことではないので、その都度ご自身で判断されて道を決めていらっしゃるというのが伝わります。本当に素晴らしいことだと思います。これからは私も夏みかんさんのような柔軟な視点で物事を見ていきたいです。(今回は遠回りしましたが、軌道修正できてよかったです)

      不妊治療に関してもご経験を聞かせてくださり、ありがとうございます。
      お辛いご経験もされているのですね。

      何事もなく母親になれることは誰しもが願うことですが、こればっかりは自分の努力でなんとかなるものではないですよね。勉強や仕事のように、頑張ったからといってよい結果が出るわけでもなく……
      ただ、これって子どもを授かったあとも(仮に授からなくても)きっと同じですよね。人生、自分の思い通りにいかないことを理由にするのではなく、その中で何ができるかを考える。その「練習」を与えられているのだなと、前向きにとらえています。

      今与えられている環境に感謝して、目の前の学習をフルパワーで進めていこうと改めて思いました。
      心温まるお言葉、ありがとうございます。

  • マイ・シルクロード へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です